本文へスキップ

豊見城市真玉橋の眼科クリニック。とよみ眼科です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.098-987-4004

〒901-0201 沖縄県豊見城市字真玉橋285−1−2F

多焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズ

白内障手術で用いられる眼内レンズは、現在は単焦点レンズを使用することが一般的です

しかし、単焦点眼内レンズでは、手術後は眼の調節機能がなくなるため、ピント(焦点)があう範囲は限定されます。そのため、眼内レンズの度数の選択において、遠方視力を重視した場合、近くを見るときは老眼鏡が必要になり、逆に近くを裸眼で見えるようにすると、遠くを見るためのメガネが必要になります。

実際にどのように見えるのか・・・以下、そのサンプルです。

遠くのピントのレンズを入れた場合。


手元用のピントのレンズを入れた場合。

上記からわかりますように、眼内にいれたレンズの度数(どの位置を見やすくしたいか、つまりどの位置(距離)にピントを合わすか)で裸眼で見やすい距離が変わってきます。 また、見えにくい距離については、手術後に眼鏡で矯正すれば見えるようになります。

これに対して多焦点眼内レンズは、上記のように遠近両用眼鏡と同様の効果をもつことができます。手元の携帯と、遠方の景色の双方にピントがあっていることがわかります。このレンズにより、眼鏡の必要性が軽減し、術後に眼鏡が全く不要になる場合もあります。ただし、これらの効果は全員の方に保証されるわけではありません。

多焦点眼内レンズの手術適応

多焦点眼内レンズを希望された場合でも、全ての方に適応があるわけではありません。 下記に適応になりにくい方の例をあげます。
・夜間、車の運転を職業とする人(例 タクシー、長距離トラック運転手)
・乱視が強い場合
・瞳孔機能障害がある
・すでに片眼に単焦点レンズが挿入されている
・網膜疾患や網膜変性、視神経に異常がある
・神経質な方
一人一人の目の状態によって異なりますので、必要な検査をすべて行い、多焦点眼内レンズが合っているかどうか、担当医およびスタッフが丁寧に説明を行っております。


多焦点眼内レンズの手術費用

多焦点眼内レンズの手術は入れるレンズの種類が違うだけで手術内容は通常の白内障と同様です。
ただし多焦点眼内レンズは厚生労働省の認可は受けましたが現在、保険適応ではありません。
このため手術にかかる費用は自費となります。
当院は平成29年12月1日より厚生労働省の定める先進医療認定施設になりました。
そのため手術費用以外は保険診療が可能となります。
また、民間の医療保険などで先進医療特約などに加入されていますと
手術費用の保険請求も可能になります
多焦点眼内レンズの白内障手術費用
  片眼:360,000円  両眼:720,000円
としています。
多焦点眼内レンズを検討されている方は是非ご相談ください。


手術合併症

術中や術後の合併症の危険性は一般的な白内障手術と基本的に同じです。多焦点眼内レンズに特有な合併症は、強い光を見た場合にまぶしく感じたり(グレア)、光の周辺に輪がかかって見えたり(ハロー)することがあります。個人差はありますが手術後の時間経過とともに慣れてくると言われています。

とよみ眼科とよみ眼科

〒901-0201
沖縄県豊見城市字真玉橋285−1−2F
TEL 098-987-4004
FAX 098-987-4084